母体保護のためにサプリを摂取しよう│葉酸のスゴイ効果とは

不妊治療の光

赤ん坊

流産を防げる

着床前診断は受精卵が子宮に着床する前に、受精卵の状態で染色体に異常がないか調べる検査です。受精卵のうちに調べるので体外受精の場合に出来ます。染色体異常を持っていて、遺伝性疾患児を出産する可能性が高い場合や、習慣流産がある場合に認められています。不妊治療を行い妊娠しても流産を繰り返す場合には、そのカップルにとって希望の光となります。受精卵に染色体異常があると、妊娠しても流産したり、死産してしまう可能性がとても高くなります。その可能性を着床前診断ではなくすことができるため、母体に大きな負担をかけなくて済みます。また、染色体異常を調べる方法として、出生前診断がありますがこれは母体に針を刺して調べるため、この検査が原因で流産してしまう可能性もあり、それよりは母体にも胎児にも影響が少なくて済みます。

命の選択の問題

日本での着床前診断は、条件が揃って申請して認可されてから行うことが基本となっています。そして、染色体を調べることから、性染色体を調べれば男女の産み分けが可能になりますが、命の選択となるので日本では禁止されています。どうしてもこの方法で男女の産み分けをしたい場合には、費用は高額になりますがアメリカなどの海外では禁止されていないので行うことが出来ます。着床前診断は倫理的な問題がありますが、不妊治療に大きな成果を上げることは間違いありません。不妊の大きな原因に年齢があります。流産を繰り返しているうちに年齢を重ねてしまい、より妊娠が難しくなることは考えられる事です。命の選択をしない着床前診断がもっと早い段階で可能になれば、母体に負担をかける流産を防げるようになるはずです。